バンブルビー Vol.3

DSC04183.jpg

店名:バンブルビー(Bumblebee)
TEL:06-6534-0894
住所:大阪府大阪市西区西本町1-14-2(地図
営業時間:11:00~16:00 (11:00にオープンしていない可能性あり)
定休日:日曜日
駅:本町駅・阿波座駅
駐車場:無(近隣にコインパーキングあり)
(2010/02/04現在)


今日は食欲があまりありません・・・。こんな日はスパイスの香りを嗅いで食欲を復活させよう!!
という事で僕のブログ最多出場(といっても3回目)、本町の『Bumblebee(バンブルビー)』さんにまたもお邪魔です。

今日の出来タテカレーは「マトンキーマ」と「ラムレバー」との事。
どちらも魅力的スギールのですが、今回は「マトンキーマ」をチョイス!

DSC04201.jpg

キーマカリー(マトン)@800円

相変わらずスパイスの香りが半端ではありません。一気に食欲増進です!
さっそくスプーンで豪快にすくって食べてみると
マトンの旨みde強烈にうまい!?(* □ )~~~~~~~~~ ゜ ゜

20100203.jpg

やっぱりここのカレーはすごい!! マトンはクセがかなり強めのお肉ですが、
バンブルビーさん特有のスパイス使いでマトンとのマッチングが半端じゃありません。
このお店では「マトンキーマ」しか頼まない人もいる! というマスターのお話も大いに頷けます。
一心不乱に食べて食欲不振もなんのその! あっという間の完食となりました!

バンブルビーさんでのワンポイントアドバイス 
1) 結構な確率ではんしーんが現れてしまいますので困りものです。(人見知り)
2) 初訪問ならば、様々なカリーが一度に楽しめる「3色カリー」や「キーマ三昧」などがおすすめです。
3) 辛めの部類に入るカレー屋さんです。もし辛いのが苦手なら「野菜カリー」は比較的マイルドな場合が多いです。

今日はかなり時間をずらしてお伺いしたので、マスターとお姉さんと3人で色々な話をさせて頂きました。
個々のカレーの特徴などを詳しく聞かせて頂き、ますます「ブログで全メニュー制覇」を心に誓った一日となりました。

DSC04210.jpg

【P.S】
おまけで「節分Specialカリー(片口いわし・かぶ・大豆・京いも)」を頂きました。あまり深く考えずに食べてみたところ
イワシの出汁が出ていて強烈にうまい!?(* □ )~~~~~~~~~ ゜ ゜
いやいや美味スギールでしょこれ・・・。次に食べれるのは来年の節分なのでしょうか・・・。


DSC04189.jpg

来年の節分なのでしょうか・・・。


【はんしーんの『バンブルビー』ヒストリー】
No.1 「キーマカリー(猪肉)」
No.2 「キーマカリー(鶏肝)」


人気ブログランキングへ 
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
最後にクリックのご協力よろしくお願いします。

Posted in カレー, 福島区・西区(本町) | 2 Comments

日の出製麺所@自宅

DSC03964.jpg

先日「関西うどん新麺会2010」に参加させて頂いた際、「日の出製麺所」さんの生うどんをお土産にもらいました。
ウキウキしながら空けてみるとこんな感じです。

DSC03967.jpg

w(゜o゜)w オオー! 本格的な麺が旨そうですなぁ。
さっそく自宅にある一番大きな鍋で湯掻いてみました。

DSC03975.jpg

冷たい麺で食べるなら「ゆで時間の目安16分!」
のんびり待って出来上がった一品目は!?

20100130.jpg

● かけうどん ●
付属の「液体スープ」と「かつおだし」を使って作りました。さっそく食べてみると
お出汁うまい!?(* □ )~~~~~ ゜ ゜

関西のお出汁とはちょっと違うイリコ系の香りが本場讃岐を感じさせてくれます。
麺は暖かい麺という事もあり、コシの中にもモチっとした食感が楽しめて美味しい!

続きまして・・・

20100130-2.jpg

● ざるうどん ●
自宅なんで「ざる」はありません。 ノ(´д`*)
冷たい麺になって、一気にコシが強くなりました。
「つゆ」もイリコの風味を感じる特徴ある「つゆ」で、こちらも讃岐を感じる事が出来ました。

最後に登場するのは・・・

DSC04023.jpg

● コラボレーション生醤油うどん ●
出ました「情熱しょうゆ」! 我が家で「日の出製麺所」さんと「情熱うどん 讃州」さんのコラボです。
言うまでもなく
自宅で簡単にうまい!?(* □ )~~~~~ ゜ ゜

「情熱しょうゆ」は出汁が強すぎないのが「好・き」 (*´ェ`*)ポッ


人気ブログランキングへ 
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
最後にクリックのご協力よろしくお願いします。

Posted in 自宅 | コメント・トラックバック