大阪さぬきうどん 瀬戸内製麺710

DSCF9486.jpg

生醤油うどん(半熟玉子天トッピング)@480円+100円

第4回 関西讃岐うどん西国三十三ヵ所巡礼」 
今回は初めての北エリア。 住道駅近くにある『大阪さぬきうどん 瀬戸内製麺710(37番札所)』に巡礼しました。
開店してまだ日の浅いお店ですが、とても評判の高いお店だったので訪問を楽しみにしていたお店の一つです。

このお店でも僕の大好きな食べ方である「生醤油うどん」がありました。
愛する「半熟玉子天」のトッピングもあったので、一緒に注文する事に。

巡礼ノートに書き込みをしながら待っていたので、「巡礼しておられる方へ」と「かぼちゃ天」をサービスして頂きました。
巡礼されておられる方は、その旨を伝えると何かいい事があるかもしれませんぞ♪ それではさっそく食べてみると
不思議な感覚の麺deうまい!?(* □ )~~~~~~ ゜ ゜

DSCF9495.jpg

水々しい麺ですが、食べた瞬間に香る小麦の香りが新鮮。 こういうタイプの麺は風味が弱い事が多い印象ですが、
しっかり「うどん」を食べてる事が実感できる麺でうまい! フワっとして、やや伸びる麺はまさに新感覚。
「大阪さぬきうどん」という名前が本当にしっくりきます。 ねじれがかった麺は讃岐チックですが、
老若男女が楽しめそうな優しいコシの麺は、万人に受け入れられそうです。

DSCF9502.jpg

そして愛する「半熟玉子天」を後半に楽しみます。 パカっと割って醤油を垂らし、麺と絡めて食べるとやっぱりうまーーーい!
うおーーー!!! やっぱり「玉子天」には生醤油やー!!! (生醤油うどん玉子天トッピング推進会)

新感覚の「大阪さぬきうどん」に満足満足の巡礼となりました。

DSCF9478.jpg

周りを見渡すと年配の方からガテン系の方まで色々なお客さんで一杯でした。
そういえば、某店の剛麺を年配の方が「私にはちょっと固すぎる」と言っていたのを思い出しました。
幅広く色々な方に喜ばれそうな「大阪さぬきうどん」は、今後の関西讃岐うどんに一石を投じるかもしれませんな。

img013.jpg

5軒目! 色々なうどん店に出会える事が本当に楽しいです。


【店舗情報】
店名:大阪さぬきうどん 瀬戸内製麺710
TEL:072-874-4425
住所:大阪府大東市赤井3-1-28(地図
営業時間:11:00~14:30 18:00~麺切れ迄 [土・日・祝] 11:00~15:00 18:00~麺切れ迄
定休日:火曜日(祝日の場合は翌水曜日)
駅:住道駅
駐車場:無
(2011/09/13現在)


◆次回予告◆
DSCF9714.jpg

奇跡のホルモンよ再び! いざ寺田町へ!!  ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ


人気ブログランキングへ 
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
人気ブログランキングに参加しています。ポチっと応援して下さい!!

 

4 Responses to 大阪さぬきうどん 瀬戸内製麺710

  1. nao says:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    巡礼順調なようですね。
    応援ポチッとな。

  2. はんしーん says:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > naoさん
    初めまして、コメントありがとうございます。
    巡礼はとても順調です^^
    応援を励みに頑張りたいと思います。

  3. ONE says:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    本日いってまいりました。
    特丸カレー
    私的には
    情熱うどん 山斗
    のカレーうどん辛が
    いいかな・・・。

  4. はんしーん says:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > ONEさん
    カレーうどんは、カレーライスとはまた違った奥深い魅力がありますね^^
    カレーライスにはガツンとしたスパイス感を求める僕ですが、カレーうどんは出汁感重視になるんですよねぇ。
    『山斗』さんでカレーうどんとはシブいとこついてきます。
    ちなみに僕が一番好きなカレーうどんは、西宮北口にある『番馬亭』です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事のトラックバック用URL