釜揚うどん 一忠 Vol.3

DSCF3884.jpg

店名:釜揚うどん 一忠
TEL:0729-91-5706
住所:大阪府八尾市松山町2-2-11(地図
営業時間:10:30~15:00 (麺切れ次第終了)
定休日:火曜日・水曜日(祝日の場合は営業)
駅:八尾駅
駐車場:有
(2011/03/06現在)


「釜揚げうどんの旅 第6弾」は八尾にある『一忠』に行きました。
お気づきの方もおられたかと思いますが、今まで行った「釜揚げうどんの旅」の5軒である
一誠』→『一心(東大阪)』→『一心(長居)』→『桂ちゃん』→『山田製麺所
これらのお店すべては、今回訪問した『一忠』出身のお店なんです。
えっ? そんなの常識? いえいえ、そんなに詳しいあなたは十分「うどんヲタク」ですよー♪

DSCF3871.jpg

メニューはこんな感じ。訪問したのは2月末でしたが、その時は限定で紅白うどんというメニューもありました。
夏季には「ざるうどん(細)」も登場するようですが、普段はあくまで「釜揚うどん」だけの潔さ。
「特大」か「大」で迷うのはいつもの事ですが、大きくなったお腹をさすりつつ、無念の「釜揚うどん(大)」をチョイス!

DSCF3875.jpg

釜揚うどん(大)@720円

これが大阪に「釜揚げうどん専門店」を多数輩出した「釜揚うどん」です。さっそく食べてみると
元祖の貫禄deめっちゃうまい!?(* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜

DSCF3882.jpg

ぬおー Σヽ(゚Д゚; )ノ 。 お出汁は鰹の芳醇な香りと旨みを感じめっちゃうまい!
今まで訪問した6軒の中で、もっとも醤油の角が立っておらず優しく繊細なお出汁です。
麺はモッチモチで、コシはほとんど感じません。ただ、この麺が絶品のお出汁をしっかり持ち上げてきてくれます。
さすがは一忠一門の総本山!! 「釜揚げうどん」の奥深さを感じる事が出来て大満足の昼ごはんとなりました。

一忠さんでのワンポイントアドバイス 
1) 色々なお店を回って、はんしーんは『一忠』の魅力を再確認しました。(人見知り)
2) 大きい徳利に入ったお出汁はもちろん飲み放題。この日はごめんなさい、美味しすぎて4杯いっときました。
3) かなり広めの駐車場があるので、車での訪問もしやすいです。

僕が「釜揚げうどんの旅」を楽しめているのはこのお店のおかげなので、いつもと違った気持ちで『一忠』を楽しみました。

一忠一門の6軒を回った僕が「釜揚げうどん」の魅力を僭越ながら語るとするならば、
「釜揚げうどん」はお出汁を楽しむ「うどん」だと思っています。
そして、そのお出汁を楽しむ為の麺であって、その麺はあくまでお出汁を引き立たせる麺でなければなりません。
例えば、僕が愛する『いってつ』さんの麺は、生醤油で食べると素晴らしい感動をもたらしてくれる麺です。
でも一忠一門のお出汁に『いってつ』さんの麺はおそらく合いません。今回感じた「釜揚げうどん」の奥深さはそこでした。
出汁文化の大阪で、讃岐うどんである「釜揚げうどん」が八尾の地でこれだけ受け入れられた事。
それが「釜揚げうどん」のロマンであり、奥深さだと思っております。

「釜揚げうどんの旅」は僕にとって本当に素晴らしい旅です。もしお時間があるならあなたも是非!!


【はんしーんの『釜揚うどん 一忠』ヒストリー】
No.1 「釜揚うどん(大)」
No.2 「釜揚うどん(大)」


◆次回予告◆
DSCF4019.jpg

LOVE釜揚げうどん VOL.7 FINAL!! ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ


人気ブログランキングへ 
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
人気ブログランキングに参加しています。ポチっと応援して下さい!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事のトラックバック用URL