本格中国料理 華中苑

DSC11477.jpg

店名:本格中国料理 華中苑
TEL:06-6352-2117
住所:大阪府大阪市都島区中野町4-12-1
営業時間:昼食 11:30~14:30 夕食 17:30~23:30
定休日:年中無休
駅:桜ノ宮駅
駐車場:無(近隣にコインパーキングあり)
(2010/09/25現在)


この日は「関西グルメブロガー&ニッカー」の集まりで桜ノ宮は『本格中国料理 華中苑』で晩ごはんです。
中国調理師最高位の「国家高級技師」が、その卓越した技能を駆使して、本格中国料理を提供してくれるお店との事。

幹事は「この方」。今日は「水仙コース@3,800円」に「飲み放題(100分)@1,500円」。総勢15名で宴会です。


DSC11477 (1)

【 プレミアムモルツ 】
「飲み放題」でプレモルはうれしいですねぇ♪
とりあえず ヽ(*^∇゜)oC□☆□Do(゜∇^*)ノ カンパーイ♪


DSC11477 (2)

【 前菜5種 】
まずは前菜から。飲み放題という事もあり、これでビールを呑みまくります。


DSC11477 (3)

【 卵白の海鮮スープ 】
あっさりしていますが、旨みも十分。結構人気ありましたよ。


DSC11477 (4)

【 小籠包、蒸し餃子 】
「点心」が出てきました。あまり普段食べる事のない「小籠包」に大興奮。


DSC11477 (5)

【 紹興酒 】
このあたりで「紹興酒」にチェンジ!! やっぱり中華料理には「紹興酒」ですよねー♪


DSC11477 (6)

【 大海老のピリ辛煮込み 】
大きな殻付き海老のピリ辛煮込み! さっそく皮を剥いて食べてみると
チリソースがうまい!?(* □ )~~~~~~ ゜ ゜
大きなエビチリはとても贅沢です。紹興酒との相性もピッタリ!


DSC11477 (7)

【 骨付き豚肉のトウチ蒸し 】
柔らかそうな豚肉が食欲をそそります。さっそく食べてみると
柔らかお肉deめっちゃうまい!?(* □ )~~~~~~~ ゜ ゜
これ旨い~!! 骨付きの豚肉はとても柔らかく、簡単に骨がとれます。
豚肉と豆鼓の相性はやはり抜群。この日一番美味しいと思った料理でした。


DSC11477 (8)

【 タラバ蟹と春雨煮込み 】
贅沢なメニューが続きます。タラバ蟹はやっぱり旨い!


DSC11477 (9)

【 北京ダック 】
「3,800円」のコースですが、次々と高級食材が並ぶコストパフォーマンスはナイス!
「北京ダック」も美味しく頂きました。


DSC11477 (10)

【 季節青菜の塩炒め 】
こちらはサッパリ塩炒め。野菜もたっぷり頂きます。


DSC11477 (11)

【 特製上海焼きそば 】
〆の一品目は「上海焼きそば」。あっさりした味付けで、「焼きそば」にハズレなしです。


DSC11477 (12)

【 海鮮焼き飯 】
〆の二品目は大好物の「焼き飯」。さっそく食べてみると
海鮮の旨みも出ていてうまい!?(* □ )~~~~~~ ゜ ゜
なかなかパラっと仕上がっている「焼き飯」は〆にピッタリ。とても僕好みの「焼き飯」でした。


DSC11477 (13)

【 マンゴープリン 】
デザートは「マンゴープリン」。お口の中もさっぱりして大満足の晩ごはんとなりました。


本格中国料理 華中苑さんでのワンポイントアドバイス 
1) はんしーんがここぞとばかりに呑みまくっていた可能性があります。(人見知り)
2) 中国調理師最高位の「国家高級技師」が作る料理をお楽しみください。
3) お得なクーポンもありますので、利用するとお得でしょう。クーポンは「こちら

本格中華料理のお店でありながら、「飲み放題」メニューがあるのはなんともうれしい限りです♪
出てきたメニューなどを考えても、素晴らしいコストパフォーマンスだったと思います。


◆次回予告◆
DSC11551-(9).jpg

二軒目に選ばれたのは、天満の大人気食堂!! ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ


人気ブログランキングへ 
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
人気ブログランキングに参加しています。ポチっと応援して下さい!!

 

One Response to 本格中国料理 華中苑

  1. 匿名 says:

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんなクソ不味いとこ上げるならもうクリックせえへん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事のトラックバック用URL