情熱うどん 荒木伝次郎

DSC09108.jpg

店名:情熱うどん 荒木伝次郎
TEL:0744-33-0007
住所:奈良県磯城郡田原本町千代43-1 パレス千代1階西
営業時間:11:00~15:00 17:00~21:00
定休日:
駅:笠縫駅
(2010/07/21現在)


奈良に情熱うどんが帰って来ました!! 
「第3回 関西讃岐うどん西国三十三ヶ所巡礼~」では奈良県で唯一「巡礼店」に選ばれた『情熱うどん 眞光』さん。
巡礼期間終了後まもなく諸事情により閉店されましたが、今回『情熱うどん 荒木伝次郎』として再出発!!
この日は縁ありまして、開店前のレセプションに参加させて頂きました。

メニューは『情熱うどん』を強く感じさせる「ざるチャーシュー」や「カレー釜玉」なども健在!!
どれを食べるか迷いに迷いましたが、目新しさと名前に惹かれて「情熱唐揚げぶっかけ~香味ネギソース~」をチョイス!

DSC09132.jpg

情熱唐揚げぶっかけ~香味ネギソース~

メニュー名に「情熱」が入った力作。『荒木伝次郎』さんの独自メニューです! さっそく食べてみると
久々でもさすがの味deめっちゃうまい!?(* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜

DSC09147.jpg

どひゃー Σヽ(゚Д゚; )ノ 普通の新店と比べるのはあまりにも失礼と感じる素晴らしいクオリティ!!
麺は『眞光』さんの時よりやや細め?。小麦の香りもしっかり感じられ、熟成感が強い伸び~る麺になっています。
唐揚げはとてもジューシーで、「香味ネギソース」の酸味によってサッパリ頂けます。
奈良県に「情熱うどん」が帰ってきた事に少し感動しつつ、大大満足の昼ごはんとなりました。

情熱うどん 荒木伝次郎さんでのワンポイントアドバイス 
1) はんしーんがメニュー選びにあまりにも時間をかけている可能性があります。(優柔不断)
2) 非常に広い駐車場があります。大阪からでも安心して車で行けそうです。
3) 豊富なメニューは健在! 何度行っても飽きる事のない色々なメニューを楽しみましょう。

先ほども触れましたが、「第3回 関西讃岐うどん西国三十三ヶ所巡礼~」では奈良県で唯一、
「巡礼店」に選ばれた『情熱うどん 眞光』さんのマネージャーであった荒木店主のお店です。
関西の讃岐うどん好きのメンバーが奈良のNo.1と認めたお店が帰ってきたのです!!

そんな『情熱うどん 荒木伝次郎』さん。
オープンは7月23日(金)です!!

◆次回予告◆
DSC08833.jpg

プロ野球関係者K氏と楽しい宴!! ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ


人気ブログランキングへ 
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
人気ブログランキングに参加しています。ポチっと応援して下さい!!

 

5 Responses to 情熱うどん 荒木伝次郎

  1. 伝次郎 says:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    レセプションご参加ありがとうございました。


    いよいよオープンします。


    また近くにお越しの際はお立ち寄り下さい。


    お待ちいたしております(^-^)

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 伝次郎さん
    いよいよ今日からですね。
    僕にはブログというツールでしか応援する事が出来ませんが、
    これから度々、美味しいうどんを食べさせてもらいに行きます!

  3. 讃ちゃん。 says:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ありがとな~!

    また行ったってな~!

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 讃ちゃんさん
    まだまだ情熱恩返しは続きます!

  5. 求夢洞 says:

    情熱うどん 荒木伝次郎@奈良県磯城郡田原本町千代

    奈良県磯城郡田原本町千代にあります、情熱うどん 荒木伝次郎を訪れました。
    少し前に橿原アルルの前で営業されていた情熱うどん「眞光」(しんこう)さんがこちらに場所を変えて新たにオープンです。
    新し新しいお店の場所は、昔、7.5キロヘルツというラーメン店があ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事のトラックバック用URL